市場調査の実施方法

市場調査の実施方法

市場調査の実施方法 市場調査には大きく分けて2つの種類があります。
まず一つ目が定量調査というものです。
定量調査というのは、数値で表せるデータを収集して分析することで、多数の方へ調査を行う必要があります。
不特定多数のデータを集めるために、インターネットや郵送調査などの方法を実施するとより効果的だと言えます。

もう一つが定性調査というものです。
数値化できないデータや発言録などを市場調査するもののことをいい、対象人数は少数となります。
少数に特定の調査を行うことを言うので、調査対象となるのはお金や病気など、デリケートなものになることも多いです。
そのようなデリケートな内容を扱うのであれば、他の人に内容が知られない訪問調査やオンラインインタビューなど、プライバシーを守って行う必要があります。
何を調査したいかによってどのように実施すればいいのか、対象人数が何人になるかなどが変わってくるので、慎重に方法を選ぶことをおすすめします。

仮説を立てて市場調査を実施して有効な利益を得る

仮説を立てて市場調査を実施して有効な利益を得る 市場調査を行う上で、無作為にアンケートなどの調査を行う事は費用でも効果に関しても有効な手法ではないです。
まず、市場調査を実施する前に仮設を立てます。
一つの商品を販売する場合にも、女性向けの商品か男性向けの商品なのか、年齢層に関しても若い人向けなのかシニア向けなのかを仮説を立てていきます。
ポイントは、販売したい商品のターゲット層以外にアンケートや調査を行っても欲しい答えを得られないからです。
女性向けの化粧品の値段を男性に聞いて平均値が出ても、そもそも男性が欲しい商品ではないのですから有効な回答ではないです。
ただ仮説を立てて調査をするのであれば調査をする意味が無いように感じますが、実際に市場調査をする上で思惑とは違うケースが多くあるからです。
提供側の企業としては値段が重要であると考えていても、消費者側からは値段よりも立地や提供時間などを優先するというケースも多くあったり、思惑通りにいかないので調査が重要になります。